絶縁塗装

絶縁塗装

元郷塗装工業ではクリーンルーム塗装、静電塗装、カチオン電着塗装などさまざまな塗装に対応しています。ベテランの熟練工と幅広い実績による「元郷塗装ならではの柔軟さ」で、いつでも皆様の力になります。できないことを一緒に考えます。

常に新しい技術を取り入れる中で、高水準の塗装技術を確立させた当社の絶縁塗装(絶縁コーティング)をご紹介します。

絶縁塗装(絶縁コーティング)とは

絶縁塗装(絶縁コーティング)とは

絶縁塗装とは、電気絶縁性の高い塗膜で電気を通しにくくすることで、感電防止や電位の分離などを目的とする特殊加工です。当社では、粉体塗料を静電気で被塗物に付着させた後、高温加熱して塗膜を作る「静電粉体塗装」を導入しています。静電気の作用で製品の裏側まで被塗物に塗着するため、塗料ミストの飛散を予防できます。しかし、静電粉体塗装は塗膜の厚みが増すほど静電気の作用が弱まり、膜厚の限度は80~100μと十分な厚みを確保できないという欠点がありました。
そこで、元郷塗装工業では独自に研究を重ね、「膜厚200μ/耐電圧550V」という高水準の絶縁塗装を実現。さらに、高い絶縁性能が求められるパーツを大量生産することが可能です。

2011年に起こった東日本大震災による津波で、ハイブリッド車(エンジンのほかにモーターを搭載)が海水に浸かり、バッテリーや配線からの漏電によって火災が発生した事例が報告されています。部品や機器、設備などの絶縁に課題を感じている場合、当社の絶縁塗装であれば、こうした火災リスクを低減させることができます。

元郷塗装工業だからできる“絶縁塗装”

大小問わずお任せください
大小問わずお任せください 被塗物のサイズは「W4000×D500×H2000」まで対応します。絶縁塗装を行う被塗物のサイズでお困りの場合は、お気軽にご相談ください。
絶縁性能を徹底的に検品
絶縁性能を徹底的に検品 塗膜の上から550Vの電圧をかけ、漏電を検知するとブザーが鳴る「リーク試験機」を導入しています。塗装した製品をしっかりと検品し、絶縁性能を確認しています。

元郷塗装の絶縁塗装の特徴

  • 独自の手法で「膜厚200μ/耐電圧550V」を実現
  • 静電粉体塗装によって塗料ミストの飛散を予防
  • 充実した設備と手法で大量生産にも対応
  • リーク試験機による徹底した検品で絶縁性能を保証

絶縁塗装に適した用途

  • 高い耐電圧が求められる部品・設備
  • 自動車部品(モーターに付随する設備)
  • 家電製品
  • 事務機器
  • 建築材料

絶縁塗装の塗装工程

1.前処理
  • アルカリ脱脂
  • 水洗
  • 3-1.表面調整(鉄など)
  • 3-2.エッチング(アルミ)
  • 4-1.リン酸亜鉛被膜処理(鉄など)
  • 4-2.三価クローム酸処理(アルミ)
  • 5.水洗・乾燥
2.除塵・除電
  • より精密なホコリ除去
  • 静電気の除去
3.絶縁用静電粉体塗装
  • ロボットや自動塗装機を用いた多層塗装
4.焼付・乾燥・検品
  • 210℃で20~30分塗料を焼き付け、樹脂の塗膜を形成
  • 組み立て
  • リーク試験機による検品

クリーンルームでの塗装に加え、リーク試験機にてしっかりと検品を行っておりますので、高品質の塗装を実現させます。耐電圧が求められる製品でお困りの方は、当社までご相談ください。